子育て防災講座2

前回の続きです。

小畑さんは、お世話になった臨月の妊婦さんの事が気がかりでしたが
原発の危機も迫っていて、子どもも1歳8か月と小さいので
大阪に帰る決心をしました。

空港で知り合いの方と再会し
ポロポロ泣きながら飛行機を待っていました。

飛行機の中は、避難者ばっかりで
着の身着のままの方が大勢いました。

大阪に降り立った時にショックを受けます。

みんな笑っている。

普通に生活をしている。

実家に帰って、どうしたらよいのか
何が出来るのか、泣きながらお風呂に入った。

2011年4月1日・・・「ガーネット宮城」にて被災地ボランティアを開始
2012年4月1日・・・仙台市から吹田市に転居
2013年11月10日・・・「子育てママの防災講座」実施
2014年4月1日・・・「子育て防災プロジェクト」設立

以降、自主企画における保育つき子育て防災講座ほか、
行政や自治体主催の防災講座において講演を続けておられます。

また、自身の経験から
実際に必要だったグッズも紹介して頂きました。

防災食は野菜が無いものが多いけれど
ここのはおすすめだそうです。
防災食
アルファ
アルファnaka

(緊急避難用と生活グッズ)

袋にまとめて、玄関などすぐに持ち出せる場所へ。
車にも1セットあるとベストだそうです。
避難グッズ1

避難グッズ2

避難グッズ3

見学3
 
水が出ない時に
トイレ用に便利なのは、猫の砂!
ペットシートも便利です。
猫すな
ねこちゃん、わんちゃん飼っている方は
この便利さわかりますね~。
直ぐに固まるし、消臭効果も良い!

わんちゃん、ねこちゃんなどの動物も被災しますので
ペットの避難グッズも用意しておいてくださいね。


また、子どもが落ち着くように
好きなおやつを用意しておきましょう。

災害はいつくるかわからない。
ホームセンター、100均で揃うので
自分にあった防災グッズを作ってほしい。


子ども達には
日頃から防災に関する本を読み聞かせると
自然に防災知識が身に付きます。
避難グッズ本

避難グッズ本1

最後に質問がありました。

Q.)防犯上、気を付けていたことは?
A.)鍵は閉めて避難した。
 近所に24時間、火を焚き続けてくれたおっちゃんがいた。
 避難後、空き家になった家に泥棒に入られたり、
 ガソリンを抜かれたりした。
 人がいる家は大丈夫だった。

Q.)お金が無いと買い物できないのでは?
A.)本当にお金は役に立たないと実感!
 1日目1000円、2日目2000円しか使っていないし
 使えるところが無い。
 3日目からATM使えた。
 大事なのは公衆電話。
 新しい公衆電話は被災すると無料になるが
 古いのはお金が必要。
 1000円より小銭。おつりがない。


以上、まとめです。
自分達にあった防災グッズや
日頃の心構え、減災について考えてみませんか?

小畑さん、ありがとうございました。

IMG_20170916_0001-2.jpg

IMG_20170916_0001-1.jpg
IMG_20170916_0001-11.jpg

あっ!忘れてた!
あの妊婦さん
3月21日に、無事男の子を出産されたそうです。
今年1年生になっています。
いや~~、元気に生まれて良かった!良かった!
スポンサーサイト

子育て防災講座

9日(日)に、五月が丘地区防災委員会による
防災講習会が開催されました。

昨年は、近隣地区から自主防災組織の委員さんと
危機管理室から講師をまねいて
パネルディスカッションを行いました。

今年は、
現在は吹田在住の『子育て防災プロジェクト」
代表の小畑祥子さんが
東日本大震災で小さなお子さんを抱えて被災され
その時の経験をもとに、お話を伺いました。

小畑さん挨拶3

場所は、小学校多目的室
クーラーが無いので暑いんちゃうか~と心配してましたが
全然大丈夫でした。

受付で名前を書いてもらい
受付

お水を渡します。
水

ちびっこ達のスペースも確保
みんないい子ちゃんでしたよ~。
子ども達

まずは防災委員長から挨拶
委員長挨拶

小畑祥子さんは、
転勤先の仙台市内で被災されました。
被災場所


そのお話された事を簡単に書いていきますね。
何かの参考になれば書きがいがあったというもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/11は、3/12出産予定日の
山の上に立っている新築のお友達の家に遊びに行っていた。
小畑さん挨拶


立ち上がろうとした途端、
地震が、、、!
あわてて1歳8か月の子どもを抱えて玄関に走っていった。
けれども、揺れが酷く玄関で座り込んでしまった。

大きな船に乗って左右に揺られてるような感じが2分40秒
余震も含めて5分位は揺れたので
地震じゃないかも・・・と思った。

その間、3人の子ども達は泣かなかったが
揺れが治まったとたんに大泣きし、我にかえった。

携帯を見ると、ご主人からメール、
兵庫の妹さんからも電話があり、ひとまず無事と伝え終わると
通信不能に・・・。

1時間半、車の中で過ごし、暗くなってきたので
家に帰ろうとなった。
この時は津波が来るとは気づかなかった。

家について、近所の方から津波が来ると聞いた。
原発も危ないと・・。原発まで90Kmしかない。
マンションは上になるほど酷く、怖いので避難することに。

どこに避難しようか考えて
車に必要なものを積んで
先ほどの山の上のお友達の家に避難した。

カップラーメンやレトルトを食べて過ごした。

朝、新聞を見て、改めて凄い事が起こったと思った。
(新聞が届いたことにびっくり!)

そして、
何とか自分たちの手で生き延びないといけないと思った。

水はみんなが持ち寄ったので足りたが
困ったのが生活用水。
被災後水

このじょうろが役に立った。
じょうろ


出かける時は、必ずペットボトルを持ち歩き
水があると入れた。

水道局の周囲は水が止まっていない時期があり
トイレも使えたり、水も汲んだ。

水は、お風呂に溜めていった。

トイレも流せたが、おしっこは何回も溜めて
臭いが耐えられなくなったら流した。
う●ちは、夫婦でまとめて・・・
(そんなに上手い事でるんかいな・・・

だるまストーブがあったので灯りと暖を取った。
ロウソクは、余震が多いので危険。
懐中電灯は、100均でもいいので
一人ひとつ持っていると便利。

出来れば、頭につける電灯があれば両手使える。
それを付けてお料理をしていた。
懐中電灯

被災後電気懐中電灯


3日目には電気が点いた。
オール電化の家だったのでお風呂に入った。

銭湯は、朝一番に整理券をもらって・・という感じで大変!

冷蔵庫は3日間冷たかった。
野菜不足になるので、サプリやトマトジュース、野菜ジュースあれば重宝する。

被災後食事

1週間目にスーパー営業。
長蛇の列だけれど、誰も怒らず暴動もおきなかった。

避難所では、ご飯だけ取りに行っていたが貰えた。

ガソリンは1台の制限があった。
被災した時はガソリンが3分の1しか入ってなかったので苦労した。
そのトラウマか今は満タンになっていないと不安。

その後、ご主人の会社の方が様子を見に来てくれて
その方の車に乗せてもらって空港へいき
大阪の実家に帰った。



この続きは、次回に書きますね。
会ったら便利な防災グッズもご紹介!

16日のパーク消防訓練は中止!

16日に予定していました
パーク消防訓練は、
14日夜、消防署から連絡が入り、中止となりました。



16日は朝から雨の予報で、
その後台風が接近していることもあり
消防署として災害対策を行わなければならなく、
万が一朝から曇り模様でも
災害対策が優先となりますので
中止にさせてくださいとのことでした。

はしご車や煙ハウス体験・消防服を着ての記念撮影会等も
予定していて、参加予定の方も多かったと思いますが
自然には逆らえません。

残念です。

準備も大変だったと思います。

まずはご連絡まで。

防災ツアー=佐井寺配水場=

防災ツアーの続きです。

4自治会の防災倉庫を見学した後は
千里山東にある「佐井寺配水場」まで
テクテク歩いて行きました。

災害時は、ここまで水を汲みにこなアカンの?
遠いやん!

ゆるい坂を20分ほど歩いたら
見えてきた!
CIMG5787給水所

隣のにちご公園
由緒ある公園でした!

にちご公園

CIMG5788公園側から

公園を過ぎると、佐井寺配水場の入り口が見えてきます。

CIMG5789入口

CIMG5790門

CIMG5791入口

佐井寺配水場は
海抜64mの所に立っています。
五月が丘が海抜30m強だから、かなり高い位置に立っていますネ。
配水場

容量は、9000t
小学校のプール30杯分だって!

高さ:16m
地下:2m
直径:26m

PCタンク

H3.3月完成

淀川の水100%です。
村野浄水場と三島浄水場で作られた水が
運ばれてくるそうです。
(1日2回くらい入れ替わっている)

で・・・

こんな大きなタンク、
もちろん、耐震は大丈夫なんでしょうね?

耐震診断をH19に実施しました。

結果は・・・

NG!!

ガビーン!
なんてこった!パンナコッタ!

あかんやん!

というわけで、
H23に、地下に埋もれている付け根部分を
炭素繊維接着工法で、補強しました。
これで、阪神大震災位の揺れには耐えられるそうです。

一通り説明を聞いた後、
実際に給水訓練を行いました。

これは、非常用飲用水袋 6リットル入ります。

CIMG5799説明

CIMG5795給水所

CIMG5817給水

CIMG5812給水

この非常用飲料水袋の優れている箇所は
な、なんと!
CIMG5807説明

リュックになっているんです。
手に持たなくてよいので、両手が空くし
背負うので軽く感じます。
特殊な注入口を使っているので横にしても水漏れ無し!

CIMG5818しょってみた

背中ヒンヤリよん

この袋は
ワールドウオーターバック(株)の製造販売です。

佐井寺配水場は
住宅街の中にあって、普段は行かない場所にあるので
お散歩がてら
場所だけは確認しておいてもいいかもですね。

参加された皆様
お疲れ様でした。



防災ツアー【その1】

第4回防災ツアーが、今年は
5月20日(土)に開催されました。

地区内の防災倉庫を見学することにより
その管理状況や取組を確認し、
今後の各支部の活動に役立てようというものです。


今年は、今までと違って
全自治会倉庫ではなく、4か所の防災倉庫に絞って見学します。
その後に、
五月が丘の災害時給水拠点である
佐井寺配水場の見学・給水訓練を行います。

いつもは、小学校防災倉庫からスタートするのですが
今年は、ローズ防災倉庫前に集合してツアー開始です。

CIMG5735ローズ集合

ローズ防災倉庫です。
管理人室も兼ねています。
CIMG5733ローズ倉庫

プロパンです。この大きさが車で運べる限度だそうです。
CIMG5736ローズプロパン

入口を入ると、思わず「すっごー!」と声が・・・
資機材がどこになにがあるか一目瞭然!
大きな文字なので遠くからでも、老眼でも近視でも見えます。
CIMG5738ローズ1F

2Fに上がっていくと・・・
CIMG5740ローズ2F

CIMG5742ローズ2F

CIMG5744ローズ壁に

ローズの総合防災訓練です。
ローズ以外でも見学OKだそうですよ。
CIMG5745ローズ防災訓練

ローズの防災倉庫を見学した後は、プラ3に移動。
CIMG5746プラ3へ

プラ3はちょびっとだけ地下におります。・・・
CIMG5748プラ3

奥の扉を開けると
少しだけ資機材が置いてあります。
CIMG5750プラ3倉庫

発電機です。
CIMG5749プラ3発電機

それにしてもかなり広い!
シェルターに出来るね~。
CIMG5751プラ3倉庫

プラ3は、管理棟にも資機材が置いてあるのですが
今回は鍵がかかっていて見れませんでした。
残念!次回に期待!

次はプラ1に移動です。
お天気いいわぁ~
暑いネン!
CIMG5753プラ1へ

プラ1倉庫に到着。
あれ?扉の色がちゃう・・・
CIMG5755プラ1耐震ドア

中に入ってみると
「なんということでしょう・・・」
(ここで、あの音楽が・・・♪)

Before-2016年
2016プラ1
2016-プラ1

After-2017年
CIMG5756プラ1倉庫

CIMG5762プラ1倉庫

CIMG5760プラ1倉庫

CIMG5764プラ1倉庫

あの乱雑に置いてあった資機材が
ブラボー!と叫びたいくらいに整然とわかりやすく
ラックに納まっています。
このラックは、300kg対応で、将来的には壁に固定を考えているそうです。
もちろん、その都度、増設可能です。

そして、床は防塵塗装、
先ほど、扉の色が違う・・・と思っていたら
耐震扉に取り換えていました!

次に、管理棟に移動すると、
CIMG5767プラ1管理棟

入って真正面には家庭用防災グッズが展示してあります。
CIMG5765プラ1家庭用防災グッズ

これが美味しいんだって~。
CIMG5768プラ1おすすめ

家庭用防災グッズの申し込み用紙も置いてありました。
至れり尽くせりですな~。
CIMG5769プラ1防災グッズ申込書

管理棟にも防災資機材が・・・隣のラックには安否確認グッズが置いてあります。
CIMG5766プラ1管理棟

プラ1、この1年でよう頑張ったなぁ~
凄いなぁ~

次は、小学校の防災委員会の倉庫に移動です。
CIMG5773小学校へ

なんか、防災委員会の倉庫が一番ショボイかも・・・
吹田市は防災、防災というのなら
少しくらい、地域に援助してくれたらええのに・・・
と個人的にすご~~~~~く凄く思う!

CIMG5775小学校倉庫

そして、最後は五月が丘で一番最初に自主防災を立ち上げたパークへ

1部の資機材を集会室に展示して待っていてくださいました。
現物を前に資機材の使い方やパーク防災の取り組みのお話は
わかりやすく、パーク独特の対応の仕方です。
CIMG5781パーク救出救護班

CIMG5783パーク情報班

これは、防災テントです。
30万以上しますが、女性でも簡単に組み立てられとても便利な優れものです。
●●●自治会さんが食いついておられました。
CIMG5780パークテント

挨拶ポスターは、子ども達に描いてもらっています。
掲示板に貼っているのですが、
効果は少しづつ出てきて、挨拶する方達は増えてきました。
CIMG5784パーク挨拶ポスター

これで、各自治会の防災倉庫ツアーは終了して
これから、佐井寺配水場に向かいます。

その話は次回にね~~~

プロフィール

satsukigaokachan

Author:satsukigaokachan
五月が丘地区連合自治会のブログです。連合自治会って何?どんな事してるの?日々の活動や地域のこと、時には面白い裏話を織り交ぜながらご紹介していきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: