参加して良かった!防災倉庫ツアー

6/1は、阿倍野防災センターツアーで
今回は、地区防災倉庫ツアー。

ツアーにはまっている五月が丘地区防災委員会です(笑)

地区内の各防災倉庫ツアーなんてあまり聞きませんね。
ネットで調べてみても出てきません。

もしかしたら、日本初かも~~~

sho-nann.jpg


凄いわ。凄いわ。
先ほど、ツアーにはまっているなんて失礼な事を書いたの誰かしら・・・


今回は、連合自治会に加入している10自治会の
防災倉庫を順番に見て行きます。

倉庫の場所だけなく、
防災倉庫を把握しておくことの重要性や
いつ訪れるかわからない災害に備えて
どのようなものが準備されているかを
各支部の防災委員と一緒に見て回りました。

1集合MG_4460
子ども1人を含む総勢27名で回ります。

まずは、小学校敷地内にある本部の倉庫から。
キレイに片付けてあり、まだまだ余裕があります。
2本部倉庫

さて、1番最初は、トンネル公園にある
新栄の倉庫からです。
4新栄
5新栄

新栄の倉庫は、開けるのにコツがいるらしく、
とっさの時には開けにくいようです。
おまけに誰が鍵をもっているのか
わからないとの事
早急に、鍵の保有者を確かめる必要あります。

そして、写真でもわかるように、リヤカーが分解して収納してあります。
いざという時に、組み立て方を知っているのか不安だという意見がありました。
ホンマやなぁ・・・。

次は、ローレルです。
ローレルは、大規模補修の真っ最中。
この金網の向こうに防災倉庫があるんです。
6ローレル
今回は残念ながら中を見ることはできませんでしたが、場所は確認しました。

次に訪れたのはプラネ2期
7プら2

まだ、自主防災委員会は発足していないんですが
キレイに片付いていました。
8プラ2

ヘルメットがむき出しで置いてあるので、埃で汚れてしまって
有事の際、被るのを躊躇する。
との相談に、ビニール袋等に入れて保管すれば良いとの意見が。
いくつかまとめてゴミ袋に入れて保管でもいいですね。

そして、このプラネ2期さんは、資機材点検時に整理整頓して
資機材が一目見てわかるようにネームプレートまで作成されてました。
9プラ2
これなら、すぐにわかってよいアイデアですね。

お次は、プラネ1期
プラネ1期は、防災準備委員会が発足。
防災委員会設立に向けて頑張っておられます。

プラネ1期の資機材は2か所に保管されています。
1か所は管理棟のすぐ入った所に倉庫が置いてあります。
10プラ1

ここでも鍵は管理人室には置いてあるのですが
他は誰が持っているかは不明。
自治会では持っていないそうです
11プラ1

倉庫には防災マニュアルがぶら下げてありました。
これはいいですね~
12プラ1

管理棟の次は、旧浄化槽跡地に向かいます。
13プラ1

結構な広さがあります。
そこには水や食料が置いてありました。
14プラ1

15プラ1
16プラ1
17プラ1

次は、プラネ3期に向かいます。
プラネ3期は、今年度、自主防災委員会が発足しました。

おおお~駐車場入り口に、こんな階段があるとは知らなんだ。
19プラ3入口

プラネ3期も、旧浄化槽跡地を利用されています。
ひ、、、、広い! メッチャ広いぞ!
20プラ3浄化槽跡
で、、、資機材は?
小さな扉の奥にありました。
21プラ3

プラ3は、資機材は地上に保管する方向で、2か所の保管場所を検討しておられます。
24プラ3

この扉、かわいい!とてもかわいい♪
22プラ3

プラ3は、パークが数年かかった事を数か月でやりとげた凄いパワーがあります。
これからの活動が楽しみです。

ここで、腕章が届きました。
Kさんが暑い中、取りに行ってくださいました。
25プラ3


これで、不審者に間違われなくて済みます。
プラ2でも、「一体なにがあったんや?」と住民の方に聞かれましたからね。

そらそーですよね。
27人がゾロゾロ歩いてるのって異様やもんね。

さて、次は、ローズですが
長くなったので次回に持ち越しです。
ここまで読んでくださってありがとうございました。
次回をお楽しみに。


スポンサーサイト

福祉マップ探検隊で住みよい町に!

今年も福祉マップ探検隊出動です!

福祉マップ探検隊の趣旨や昨年の様子は
こちらでご覧ください。

今年は、お天気にも恵まれ・・・
ハイ、恵まれすぎて暑かったです(^^;)

まずは、受付で自分の班の確認とお茶を受け取ります。
受付

9時集合という早い時間の集合に、時間を間違える人も・・・。
時間間違い

集合

福祉委員長の挨拶
委員長あいさつ

マップ総隊長の説明
総隊長挨拶

車椅子の説明
車椅子説明

出発前に全員の集合写真を撮りました。
これは去年なかったなぁ~
集合1

参加者 大人:67名、子ども:20名 計87名
その内、自治会からは、連合4名を含め27名が参加しました。

9時半、8班に分かれて出発です。
車椅子1

車椅子2

地域内を車椅子に乗って、危険な個所や
不具合な所を見つけ、再点検後、市に要望して
安心で住みよい町を目指します。

停止線が消えかけています。
マップ2


さて、ここで問題です。
下の写真の何が問題なんでしょうか?
mappu.jpg
答えは、駐車禁止の矢印が消えています。
このように、道路だけでなく、標識もチェック、チェックです。

このカーブミラーは、注意書きが消えてるし、折れ曲がってます。
誰や!曲げたんは!
折れ曲がり

初めて参加した方も多く、
隊長はそんな方にも優しい気遣いが・・・。
点検1

T字路の白線が消えてるだけでなく、ひび割れがあり、つまづく危険があります。
削れ

街路樹の根で、歩道が盛り上がっています。
こういう箇所がいくつもありました。
街路樹もアスファルトに覆われて窮屈なんでしょうね。。。
盛り上がり2

そして、昨年も要望したのに、まだ直っていません。
なんで、こんな事に!
傾き
電信柱が左に傾いています。
電柱も老化?腰が曲がっています。
前のお家は怖くないんかな?
わかりやすいように、赤の線を入れました。

子ども達の車椅子体験は楽しかったようです。
一方で、車椅子では、
小さな段差や横を通る自転車が怖かったとの声もありました。
様子

車椅子では、道路の凸凹も気になりますし、
押すのも大変です。
疲れたよ1
バス通りの歩道は勾配が急で、車椅子では怖い。
乗ってみないとわからない感想です。
目線も違うので見える景色も違いますよね。

約1時間で点検終了して、公民館に帰ってきてからまとめます。
まとめ

ひとり、ひとりの感想を述べて、記録していきます。
巡回

記録表

今回も初めて参加された方も多く、
「地区でこんな有意義な活動を
している事を知って感動した」

という感想も多かったです。

「地域全体のことを考えるきっかけになった」
「他地区と比べてよく整備されている理由がよくわかった」
「地区の誇るべき行事、続けてほしい」
「昨年の要望箇所が改修されていて嬉しかった」
「自らが点検して、安全な町づくりをすることを目的の活動。
多くの参加を望む」
その他、たくさんの感想がでました。

そして、どうせ見回るなら・・・と
大きなゴミも一緒に拾っていきました。
ゴミ
キレイやん、と思っていた町も、結構ゴミが落ちていました。
竹谷バス停前の空き家には多くのゴミがあったそうですし
隠れたところにゴミが捨てられてたり・・。
「ゴミはゴミ箱へ!」
って小さい頃から教えてもらったん忘れたんでしょうか。

今回の新規点検項目は、52か所で、
今後、福祉委員会で再点検して、緊急度を評価し
レベル中以上の項目を市に要望します。

昨年度の要望項目の再点検では
39か所中、25か所が改修済みでした。

改修箇所の回答については
こちらのブログでご覧ください。

今回の回答は、来年になります。
来年2月~3月頃にまたご報告いたしますね。

福祉マップは年に1回です。

ですので、普段、皆さんが地区内を歩いていて
危険と思われる箇所や気が付いた事があれば、
自治会役員または、連合自治会にご相談ください。

住民全員が、五月が丘を
「安心安全な町、住みよい町づくりにしていくんだ」

という意識をもって生活すれば
五月が丘の未来は、バラ色~♪


カルガモ親子に首ったけ♪

まずはこの余りにも可愛いすぎる画像をご覧ください。

カルガモ1
カルガモ2_mini

これは、6月4日に、「すいた環境学習協会」の方が撮られた写真です。
場所は、ぎんなん通りの正雀川。


もお、この話を聞いて早速行ってきましたよ!

いるかな、いるかな、と川を除きながら歩く怪しいおばちゃん。

いた~~!
いました!いましたよ。
チョコチョコと歩く可愛い姿が・・・。
可愛い!かわいい!可愛すぎ!
5匹3
5匹4


あれ?1,2,3,4,5・・・・5羽しかいない(><)
親子5匹1
5匹5

翌日、もう一度行ってみると・・・

いた!
今度は10羽
10匹1
10匹2
10匹4

あれ?昨日の子より大きい。???
と思っていたら、
親切なおばちゃんが、
・11羽と7羽の2組の親子がいる事。
・1羽が亡くなった事。
・夜は土管で休んでいること。
・市の職員が見に来たこと。
等、教えてくださいました。

なるほど!
みんな詳しいね~


でも、6/4には11羽いたのに、10羽しかいなかった・・・。

7羽と聞いていたのに、5羽しかいないのは
どうか、どこかで休んでいますように。。。

しかし、なんでこんなに可愛いいねん。

おかあさんは、雛から目を離さない。
しっかりと子育てしています。
お母さんの愛情の深さに感動します。

雛達もお母さんの側を離れません。
後をちょこまか、ちょこまか必死で追いかけています。
見ていてあきひんわ~

6月4日の写真よりかなり大きくなっていますネ。
10匹3
10匹5


カルガモ親子の側に、亀さんが顔を出しています。(黄色い丸印)
親子5匹2

kame.jpg

今は梅雨の時期、
大雨でも降ったら、まだ飛べないこの子達は逃げるところもありません。
どうか、この子たちが巣立つまで、大雨が降りませんように。



では、ここで可愛いカルガモ親子の動画ご覧くださいね。

[広告] VPS



癒されますね~
顏がほころびますね~

池ではよく見かけますが、川で見たのは初めてです。
身近な川でこんな光景が・・・・なんて考えてもみませんでした。

この子たちは最終的にはどこに飛び立つのでしょうか?
毎年やってきてるのかなぁ~



ここからは、番外編です。

五月が丘北の田んぼでもカモの夫婦を偶然見かけました。
これから子育てする場所を選んでいるのでしょうか?

「あなた、私、ここがいいわ」
「う~ん、そうだね。ここは、カモなく、ふカモなく・・カモしれないね」


むつみ田んぼ

プラ3からもこんな写真が送られてきました。
ヒヨドリの雛です。
ひよどりプラ3_mini
ひよどりプラ32014


まだ、オメメも開いていない生まれたてみたいです。
可愛い!


カルガモの赤ちゃんも
このヒヨドリの雛達も天敵がとても多いので
これからも厳しい世界が待ち受けています。

どうかこの小さな命が消えることなく
スクスク育ちますようにと、願わずにはいられません。






・・・・・・・・・・・・・・・・
(6/14追記)
とても残念なお知らせです。

ヒヨドリの雛達は、何者かに襲われて亡くなってしまいました。
雛たちの成長を楽しみにしていた子ども達もショックを隠せません。

これが、自然の摂理だと言えばそれまでですが
母鳥の事や、この雛達にも心や感情があったことなどを考えると
いたたまれません。

かといって世の中の雛全部が育ってしまうと
バランスが崩れ凄い事になってしまいますが・・・。

優雅に飛んでいるように見えるけれど
過酷な環境の中、生きているだけで奇跡なんでしょうね。

せめて、1羽だけでも助かっていてくれれば
母鳥も救いがあっただろうに。

どうぞ、亡くなった雛達が次の世界で
楽しく幸せに暮らしていますように・・・。


リアル体験で得たこと 阿倍野防災センター

阿倍野防災センターの続きです。

消火が終われば次は
⑤119番通報訓練です。
A4215.jpg
ここでは、公衆電話や携帯電話で
119番通報訓練をします。

モニターに情報がでてくるので
それに従って、消防車か救急車を呼びます。
B4216.jpg

こんなん簡単や~と思ったら大きな間違い。
連●●長は、4回もやり直ししてましたよん。
ハハハ、バラしたった~(笑)

ところで、先ほどから聞こえてくる
「おかあちゃ~~ん」のリアルな子どもの声

これは、①の所で、遊びに行ってくるわ~と言って
お母さんと別れ被災した子どもの泣き声でした。

家族と一緒じゃない場合、どうしたらいいのか
考える為に泣き声を聞かせているとか・・・。

それにしても、気になる声でした。

さて次は、
⑥可搬式ポンプの使い方です。

大阪市では、小学校や公園の
ポンプ収納庫に収められています。
C4222.jpg

吹田やから、関係ないわ~ではなくて
どこで火事に出会うかわかりません。
そういう時に、使い方を覚えておくと助かります。
D4223.jpg


あっ!2階建て家屋で火災発生!
早速、ポンプを使って消火します。
可搬式のポンプの起動・放水から消火までを訓練します。
E4224.jpg
F4225.jpg

無事消火!

次は、倒壊した室内に入っていきます。
154217.jpg

⑦入ったら思わず息をのみます!
わっ!ビックリした!
G4227.jpg
誰かに似てるwww

お父さんが箪笥の下敷きになっています。
ジャッキで持ち上げて救出しなければ!
H4230.jpg

ジャッキで持ち上げながら
声掛けして
お父さんを引っ張り出します。

I1000323.jpg

「おっちゃん!おっちゃん!しっかりしいや!
頑張るんやで!」

プラ2の会長、迫真の演技で無事お父さん救出!
素晴らしい!
J4228.jpg

それから
⑧応急・救護訓練です。
K4231.jpg

周りの人が怪我をした時に
身の回りにあるもので、応急処置を学びます。
L4232.jpg
まずは、止血の仕方から。
傷口は決して素手では触らないでください。
ビニール袋等で手を覆ってから傷口を止血します。

骨折には段ボールを応用
M4233.jpg
2人1組で行います。
N4234.jpg

そして、三角巾ではなくて
スーパーの袋を利用して固定します。
O4235.jpg

その後、
倒壊した町を歩いて危険個所をチェックします。
壊れた町1
壊れた町2
ここで、面白い事を発見!(笑)
さすが大阪!笑いの町!

◆半壊したアパートの名前・・・はんかい荘
◆火事になった家の表札・・・かじ
◆電柱の太伸不動産の電話番号・・・1995-0117
◆倒壊したショットバーの店の名前・・・danger (危険)
◆町の看板・・・119生命
◆親切商店・・・しんさい商店と読みます。

もちろん、通りの名前は、しんさい通りです。

探したらもっとあったと思います。
もっとじっくり見たらよかった~~

ん?待てよ。
そういえば、①でニュースを読んでいた2人の名前
進藤レイ・・・震度0
大路進・・・大地震

うわっ!もっと早く気付けばよかった!

これから行く皆さんは
こういう細かいところまでチェックするのも
楽しみのひとつですよ。

⑩ここで2階に行き、倒壊した町を上から見ることができます。
ここは、マジックミラーになっているので
下からは見えません。
同時に、煙中訓練の様子がモニターに映し出されました。

なんと!ビデオに撮られてました。

ガビ~~~ン!

姿勢を低くしていく人、スイスイ行く人
誰か だいたいわかるので
「あっ、これは●×さんや」
「あはは、これは△※さんちゃうの?」
と盛り上がります。


ビデオを見ながら、煙中での避難の仕方の注意事項を
教えてもらいます。


⑪最後は、起震装置での震度7の体験です。
これ、メッチャ怖かった!
Q4241.jpg
まずは、阪神大震災 直下型地震です。
地震波が壁に映し出されます。

次に、東南海地震
海溝型の揺れです。長いです。
R1060585.jpg
ガタガタガタ・・ドカン!
といきなり来るので、手すりを持っていても飛ばされそうになります。

思ってた以上に凄い衝撃です。
とっさに逃げれません。
何もできません。あっという間に家具も倒れるでしょう。
あの揺れが実際に起こるとと思うと・・・考えが甘かったです。

センターでは防災グッズも置いています。
S4240.jpg
T4247.jpg
ただ、センターには書いてありませんでしたが
この手前に置いているスプレー形式の消火器は
どのメーカーも全て廃番になっています。
(パーク防災で購入しようとメーカーに問い合わせたら、全て廃番と言われた)

これで、100分コースは終了いたしました。

神戸の防災センターにも行きましたが
また違った体験ができました。

子ども達も含め
たくさんの方々に体験してもらい、
いざという時に冷静な判断が出来るように
日頃からの備えと、家族で災害が起こった場合の事を
話し合っておくことが大切ですね。


阿倍野防災

震度7の激震!阿倍野防災センター

震度7の大地震発生!
倒壊する町、充満する煙
火災発生!


その時、あなたは何ができますか?


ここ吹田でも、
上町断層や、東南海・南海地震が発生したら
甚大な被害をもたらすと言われています。

大地震が発生した時には、

「自分の命は自分で守る!」
「自分の地域は自分で守る!」


という強い信念と連帯感を持って
近隣住民の皆さんでお互いに助け合い、支え合う事が大切です。

では、大震災が起こったら
どうすれば、被害を最小限に食い止めることができるのでしょうか?

一人一人が、適切な行動を取れるように
防災に関する知識や技術を身に着ける事が求められます。



というわけで、
五月が丘地区防災委員会では
「阿倍野防災センター」に行き、災害に必要な知識や行動を
リアルに体験して学習してきました。

講演会もいいけれど、
こうして目や体でバーチャル体験することにより
より一層、地震への備えや知識が大切だということが
良くわかります。


阿倍野防災センターツアーは
6月1日(日)
現地集合です。

五月が丘から阿倍野まで
行き方は色々あるけれど、
一番安いJR環状線で行くことにしました。

そしたら、
なんということでしょう!
6月1日から運行する、8人のアーティストが描いた
ラッピング電車に乗ることができました~♪
私たちが乗ったのは、伝統芸能の車両

これは幸先いいぞ!
14202.jpg
24203.jpg

ただひとつ、心残りは
大正駅や新今宮のホームで駅員さんが
何か配ってたんですが、天王寺駅では配ってなくて
貰い損ねた~~。 

なんやってんやろ。ほしかった!


天王寺駅に到着
方向音痴の私たちは早速、駅員さんに
阿倍野防災センターの道順を聞きました。

歩いていると左手に
あべのハルカスが・・・

おおお~~~!
さすが日本一!
迫力あるわぁ~~
34204.jpg
41000312.jpg

そして、またまた防災センターへの道を聞き
ようやく到着。
歩いて10分位?
なのに、2回も道を聞く私たちって・・・(^^;)ハハ・・・

54205.jpg


既に、たくさんの方が到着されていました。
74206.jpg

参加者は、49名(内子ども11名)
防災副委員長の挨拶を聞いて、いざ体験エリアに!
61000317.jpg

ととと、、、
その前に・・・
まずは、手荷物をロッカーに入れてから集合写真
81060494.jpg

ここで、60分コースと100分コースの2班に分かれます。
子どもさん連れは60分コースに。
94208.jpg
1000320.jpg

さあ、いよいよ体験学習エリアに入りますよ~

①バーチャル地震コーナーです。
椅子に座って、ニュースを聞いていたら
突然、震度7の地震が!
椅子ごと揺れます!揺れます!
すると、画面も地震のニュースに変わります。
114209.jpg

ここで映し出された町の様子は後で実際に見ることになります。

②では、地震発生直後の室内に案内されます。
冷蔵庫も倒れています。
ここでは、火災につながる物を出来るだけ早く消し止めます。

③次は、煙中体験です。
ドアの向こうは、煙が充満していますので
壁伝いに姿勢を低くして素早く避難します。

この煙中体験は、今まで数回体験したことあります。
今までは、30cm先でも見えない位真っ白だったのに
ここは、比較的よく見えたので、スイスイ行けました。

が、
ここが落とし穴!
後で、ぎょえええ~!と思うことが・・・。フッフッフ

④次は、初期消火訓練です。
食堂の厨房から火災発生!
水消火器で、実際に燃え盛る炎に向けて消火します。
12 4213
13_4211.jpg

上手く消火できれば、消火成功の画面が・・・。
水が上手く当たらなければ、いつまでも燃えています。
もちろん、全員消火できました。
14_4212.jpg

そして、次は
先ほど、①でニュースでやっていた実際の街に出てきました。
154217.jpg
I4218.jpg

ん?どっかから
「おかあさ~~ん」
「おかあさ~~ん・・・」って
か細~い子どもの泣き声が聞こえる・・・。

さて、この後はどうなるのでしょうか?
そして、この子どもの声は・・・。

まだまだ体験は続きます。
次回をお楽しみに。




自治会や連合の大きな仕事

今回は、自治会と連合が連携して行った活動を
2つご報告いたします。

1つ目は、
むつみ自治会内にあるサツキが
成長して、路上にまで飛び出してきてるのと
背高になっているために、角の見通しが悪く
過去に、自転車同士、また自転車と歩行者の
接触事故があったらしいのです。

それを聞いた我らの交通環境部会長!
早速、市の道路補修課に連絡して
刈り込んで頂きました。

その写真がこちら。
刈る前
むつみ刈る前
刈った後
むつみその後

見通しがよくなったと同時に
見えにくかった、掲示板や地図も良く見えるようになりました♪
むつみ刈り取った後


2つ目
ローズコーポとプラ3に入る道路側面の植込みですが、
特にローズ側の入り口付近が
雑草が伸び放題で、犬のおしっこやウンチが一杯されて
虫も湧いて凄い事になっている。
どうにかならないか?
とローズから連合に相談されました。

市は、市が植えた木でないと刈ってくれません。
市に聞いてみると市道との事。
それならば、と
写真と場所、状況等の説明を書いて
市に雑草刈りの要望書を提出いたしました。

そして、約1週間後、キレイになりました。
対応はやっ!

では、写真でどうぞ~~

雑草生え放題です。
ローズ側道路側面雑草①
ローズ側道路側面雑草②

刈った後
P1030155.jpg
P1030152.jpg

すっきりして見晴らしもよくなりました。

このように、連合自治会では
自治会の要望を吸い取って
行政に働きかけています。

これも自治会の大きなメリットではないでしょうか?
自治会があるからこそできることです。


雑草かり_mini


プロフィール

satsukigaokachan

Author:satsukigaokachan
五月が丘地区連合自治会のブログです。連合自治会って何?どんな事してるの?日々の活動や地域のこと、時には面白い裏話を織り交ぜながらご紹介していきます。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: