子育て防災講座2

前回の続きです。

小畑さんは、お世話になった臨月の妊婦さんの事が気がかりでしたが
原発の危機も迫っていて、子どもも1歳8か月と小さいので
大阪に帰る決心をしました。

空港で知り合いの方と再会し
ポロポロ泣きながら飛行機を待っていました。

飛行機の中は、避難者ばっかりで
着の身着のままの方が大勢いました。

大阪に降り立った時にショックを受けます。

みんな笑っている。

普通に生活をしている。

実家に帰って、どうしたらよいのか
何が出来るのか、泣きながらお風呂に入った。

2011年4月1日・・・「ガーネット宮城」にて被災地ボランティアを開始
2012年4月1日・・・仙台市から吹田市に転居
2013年11月10日・・・「子育てママの防災講座」実施
2014年4月1日・・・「子育て防災プロジェクト」設立

以降、自主企画における保育つき子育て防災講座ほか、
行政や自治体主催の防災講座において講演を続けておられます。

また、自身の経験から
実際に必要だったグッズも紹介して頂きました。

防災食は野菜が無いものが多いけれど
ここのはおすすめだそうです。
防災食
アルファ
アルファnaka

(緊急避難用と生活グッズ)

袋にまとめて、玄関などすぐに持ち出せる場所へ。
車にも1セットあるとベストだそうです。
避難グッズ1

避難グッズ2

避難グッズ3

見学3
 
水が出ない時に
トイレ用に便利なのは、猫の砂!
ペットシートも便利です。
猫すな
ねこちゃん、わんちゃん飼っている方は
この便利さわかりますね~。
直ぐに固まるし、消臭効果も良い!

わんちゃん、ねこちゃんなどの動物も被災しますので
ペットの避難グッズも用意しておいてくださいね。


また、子どもが落ち着くように
好きなおやつを用意しておきましょう。

災害はいつくるかわからない。
ホームセンター、100均で揃うので
自分にあった防災グッズを作ってほしい。


子ども達には
日頃から防災に関する本を読み聞かせると
自然に防災知識が身に付きます。
避難グッズ本

避難グッズ本1

最後に質問がありました。

Q.)防犯上、気を付けていたことは?
A.)鍵は閉めて避難した。
 近所に24時間、火を焚き続けてくれたおっちゃんがいた。
 避難後、空き家になった家に泥棒に入られたり、
 ガソリンを抜かれたりした。
 人がいる家は大丈夫だった。

Q.)お金が無いと買い物できないのでは?
A.)本当にお金は役に立たないと実感!
 1日目1000円、2日目2000円しか使っていないし
 使えるところが無い。
 3日目からATM使えた。
 大事なのは公衆電話。
 新しい公衆電話は被災すると無料になるが
 古いのはお金が必要。
 1000円より小銭。おつりがない。


以上、まとめです。
自分達にあった防災グッズや
日頃の心構え、減災について考えてみませんか?

小畑さん、ありがとうございました。

IMG_20170916_0001-2.jpg

IMG_20170916_0001-1.jpg
IMG_20170916_0001-11.jpg

あっ!忘れてた!
あの妊婦さん
3月21日に、無事男の子を出産されたそうです。
今年1年生になっています。
いや~~、元気に生まれて良かった!良かった!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satsukigaokachan

Author:satsukigaokachan
五月が丘地区連合自治会のブログです。連合自治会って何?どんな事してるの?日々の活動や地域のこと、時には面白い裏話を織り交ぜながらご紹介していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: